Zaif(ザイフ)運営が株式会社フィスコ仮想通貨取引所へ

スポンサーリンク

9/14のハッキング騒動以来、昨日までおよそギャグの領域で【事業承継に関する同意】メールを送信していた仮想通貨取引所「Zaif」ですが本日11/22をもって以下の通りとなりました。


旧運営会社:テックビューロ株式会社
新運営会社:株式会社フィスコ仮想通貨取引所

基本的に、従来のZaifと一緒です。
(ただし、一部休止中の取引ペアがあったり、ZaifPaymentが休止中だったりと完全復旧には時間がかかる見通しです)

以下、管理人の私見ですが、

*本人確認の取れない状態でアカウントが正式にアクティブでないため、同意フォームすらそもそも押せない人もいる
*メール、(途中からは)SMSの送信だけで利用者への周知は十分であったかと疑問が残る

などを理由にフィスコ社が承継したものの、個人資産保護の観点からしばらくは事業承継同意における措置は何らかの形で延長されるのではないか、と予測しています。(外れたらすいません)

ハッキングの経緯と発表内容、そしてその後の対応に疑義が一部残っておりますが、新生Zaifに期待したいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする