続:Monappyクラッキング事件、18歳少年を書類送検

スポンサーリンク

昨日の記事
※本記事は速報版です 昨年9月に発表のあったMonappyのモナコイン盗難事件ですが本日進展がありました。 仮想通貨流出で初...

[被害額と人数]

総額: 93078.7316MONA
人数: 7735人

※報道の1500万円分とは当時のレートで算出されている模様

[補償の内容・時期およびMonappy継続運営可否について]

IndieSquare社から、2019年3月14日時点では正式な発表はまだされておりません。

判明した事項
  • 仮想通貨(暗号通貨・暗号資産)電子計算機使用詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)による、国内では初の検挙。
  • ギフトコード発行機能を短い時間で発行することで誤動作する脆弱性(ぜいじゃくせい)を突いた。(Monappy独自の機能)
  • スマートフォンを複数用い、およそ8000回タップ(クリック)した。
  • モナコインを盗んだ後、海外の取引所などに送金し隠ぺいを図る痕跡が見受けられた。
報道の規模

今回、昨日紹介した朝日新聞デジタル以外にも各主要メディアが報道しています。

また、海外に暗号通貨の情報発信をしている「コインテレグラフ」でも英語にて記事になっています。

https://cointelegraph.com/news/japan-hacker-involved-in-15-mln-yen-crypto-theft-referred-to-prosecutors

Webサイト・新聞・NHKなどの地上波TVでも大きく扱われました。

ほとんどのメディアが「18歳少年がMonappyを攻撃してモナコインを盗み書類送検!」で留まっておりましたが、報道ステーションは決済手順まで説明し、モナコインについて詳らかに報せる姿勢が見受けられています。

下記はその映像の埋め込まれたモナバーさんのツイート。

…どちらかというと、モナコインが各番組で大きく映ったこと、あるいはインタビュー受けているモナコイナーは誰か、で盛り上がっている傾向が。

早く一般的なモナコイナーになりたいです…

また、Twitterの一部では18歳少年の身元が割れているとの情報もありますが、当サイトでは追究いたしません。

今後の被害者への対応などをの事件の解決と、Monappyの再開を祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする