マルチウォレット「もにゃ」ver3.9.0に更新!

スポンサーリンク

2019.3.22 ios版の記載を変更

モナコインをはじめ複数の暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)に対応したウォレットアプリ「もにゃ」が本日ver3.9.0に更新されました。

変更箇所の説明の前に数点重要な記載を。

もにゃの開発・運営が「ゼニポタ」から「三洋電産」に変わりました

昨年11月7日、もにゃの運営が「ゼニポタ」に移行すると発表がありました。

その後、今月10日にゼニポタの上位サークル「三洋電産」発足のお知らせがありました。

三洋電産は、ウォレットをはじめとした暗号通貨を活用した様々なサービスを開発・提供する学生で構成されたサークル。そのプロジェクトの1つとして「もにゃ」が含まれることとなりました。

つまり、三洋電産が上位に位置し、「もにゃ」「ゼニポタ」は三洋電産管理下の個々プロジェクトになった、という図式になります。

三洋電産Twitter @sanyodensan

三洋電産メンバー

代表 : ふじしゃん氏
副代表 : 音咲アリス氏
構成員 : Moscwa氏
構成員 : tomotomo9696氏
構成員 : Kamata4649氏

三洋電産Webサイト

https://sanyodensan.com/

「もにゃ」のiOS版についての扱い

App Storeで配信されているもにゃは今後サポートが無くなります。
但し、ブラウザでもにゃを開いた状態のままホームへ追加を行った”PWA”形式のサポートは継続されます。

簡単に言うと…
AppStoreからインストール版→ アプリ版
ブラウザからホームへ追加 → PWA版
ブラウザのまま利用 → ブラウザ版

といった扱いになりまう。

従って、
AppStoreからインスコ → サポート打ち切り
ブラウザからホームへ追加 → カメラ使えないけどサポート対応
ブラウザのまま利用 → カメラ使えるしサポート対応

となります。

ver3.9.0の変更内容
AndroidユーザーはGooglePlayから更新してください。
最新verは3.9.0になります。
(確認手順)
ヘルプ→このアプリについて から確認
verは3.9.0になってたらOK!
プロダクトも先述の三洋電産になっているはずです。
(変更内容)
  • Blockbookに対応
  • MonappyAPIを削除
  • 設定メニューを最適化
  • Aboutページを更新
  • カードで遊ぶのエラーを修正
  • Proxyの接続先を変更
起動時における「価格取得失敗」も激減しました。
(万が一表示されても慌てず更新してみてください)
また、当サイトで公開している「もにゃの使い方ガイド」ですが著しい変更箇所が生じている場合は適宜対応いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする