Zaif、事業承継業務終了に伴い4/23からMONAの現物取引を再開

スポンサーリンク

2018年9月にBTC・MONA・BCHの総額約70億円が不正アクセスにより盗まれ、同年10月10日よりMONA取引、MONAの入出金を停止していたZaifですが、2019年4月22日(月)にテックビューロ株式会社から株式会社フィスコ仮想通貨取引所への承継業務を終了します。

伴い、「2019年4月23日よりMONAの現物取引を再開(を予定)」と公式サイトにてアナウンスがありました。

詳細URL

https://corp.zaif.jp/info/10789/

補償について

いわゆる「承継同意のお願いメール」にて、承継同意済のユーザーへ対応済みです。

BTC…被害枚数で補償

BCH…被害枚数で補償

MONA…約6割をMONAそのもので返還、約4割の消失した部分について日本円(1MONA当たり144.548円)に換えて補償

※2018年11月22日0時までに承継同意…2018年11月30日までに補償を完了
※2019年3月31日までに承継同意…2019年4月12日に補償を完了

その他、再開が未定のサービスなど
  • 新規登録
  • コイン積立(新規登録、引き落とし、買い付け)
  • カウンターパーティトークンの入出金
  • アフィリエイトプログラム
  • Zaif Payment

問題がないことを確認した時点で順次再開とのこと。

詳細URL

https://corp.zaif.jp/info/10789/

尚、時計については触れていません。