Twitter21人問題(解決?編)

スポンサーリンク

管理人です。

先日のこの記事についての進捗です。

手順)

  1. 普段通り、Twitterの世界を楽しみます。
  2. 心当たりのないユーザーからいいね(ハートマーク)が付くのを待ちます。
  3. いいねが付いたらそのユーザーを確認します。
  4. そのアカウントが21人フォローである事を確認したらフォローします。
    (ちなみにフォロバはありませんでした。)

この1週間で4アカウント程、怪しいアカウントをフォローしました。

数日後。

ほぼ同じ時刻にその2アカウントから以下のようなDMが届きました。

もはや本文の一部が見えていてネタバレになっていますが、一応それぞれを開封してみましょう。

一言一句、本文一緒ですね。誘導先のURLが異なるのは報酬のIDを分けているからでしょうか。

とりあえず、あとで誘導先のURLへ行ってみようと画策。

ところがそこから数分後。

なんで間を置かず同じテキスト送ってくるの。

ここからちょっと戦略を練るために1日空けました。

翌日。行動開始。

  1. DMに記載のリンクを踏みます。
  2. LINEを開くように要求してきます。
  3. 開きます(直球)
  4. aoi(葵)とか言う人の「友達を追加」が出てきます。
  5. 追加を押します。aoiさんと友達になれます。やったね!
  6. いきなりメッセージがきます。
  7. メッセージ記載のリンクをまた踏みます(めんどくせ)
  8. 以下のような画面が出ます。(スマホ画面をキャプチャのため、スクロール長いので注意)









  9. メールアドレスの入力をフォームが出るので入力します。
  10. さて、一旦画面を戻して、「特商法」の記載を確認しましょうか。

はい、どうやらこの人が(表面的な)元締めみたいですね。

吉田慎也さんね、ああ、はい。

うさんくさいICOへの誘導が目的の模様です。

特商法の記載事項の要件満たしていないのはもう触れなくていいですね。

さて、9.で入力したメールアドレスに、今度は小野怜二と言う人から似たようなグダグダ書かれたメールが飛んできます。(メール画像は割愛します)

記載のURLを踏むと…

「マネープール、オシリス」というシステムの案内ですね。

ここで金銭支払いの要求画面が出ました。

ここから先は進みません。1銭も払いたくないので。

何だかたらい回しで、胴元が誰か分からないように煙に巻いているような。

法人登記もなくWeb上で終えており、いつでも逃げられるようにしています。

ICOにしても、マネープールへの参加にも、マネーがいる。そう言う図式です。

「こんなんやらなくても詐欺って分かる」方がほとんどですが、一周してこの様な詐欺や迷惑行為を知らない方もまだまだいます。

振り込め詐欺が根絶できないのと一緒ですね。

啓発、注意喚起の類として、あえて記事とさせて頂きました。

いつか、誰かがここのページを見て役に立つことを祈ります。

ちなみに。

今日TwitterのDM送ってきた2人は以下のような画面になって凍結されておりました。

このようなアカウントからのコンタクトを避けるためには以下の手順を実施してください。

  1. Twitterの設定とプライバシーを選択
  2. 通知を選択
  3. 詳細フィルターを選択
  4. 詳細フィルターで「メールアドレスの認証をしていないアカウント」を選択しておけば大体はブロックできます。(電話番号が未認証まで選ぶと文字通り未認証の普通のアカウントもブロックしてしまいますので適宜設定してください)

更に。

Twitter社は、今後すべてのユーザーが「認証バッジ」を取得できるよう取り組みを強化する方向性、とのアナウンスを出し、今後はこのような迷惑アカウントは減る目処が立ちました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする