モナカードの作り方

スポンサーリンク

2018年12月5日変更(素材の画像サイズの箇所を修正)
誤:タテ800×ヨコ560pxもしくはタテ1200×ヨコ800px
正:タテ800×ヨコ560pxもしくはタテ1200×ヨコ840px

突然ですが。下のような名刺をモナカードで作りました。(現物はタテです)

名刺といってもデジタルな名刺。「モナカード」を利用して発行しました。
古来より伝わる伝統文化、名刺交換が電子化できます。
モナカードの名刺のメリットは、

*版下代がかからない、印刷費がかからない
*自分でデザインできる
*対面でなくても送れる(地球の裏側にだって送れます。銀河の果てはわかりません。)

などです。

そこで、今回はモナカードの作り方をご説明します。
この記事での説明は「もにゃ」のWebブラウザ版で操作をしています。
手順は実際に管理人が行った流れでの説明です。一部手順を簡略化あるいは入替することもできますが画面の表示にならって実施しているのであらかじめご了承ください。

モナカード発行に必要なもの
●Twitterアカウント
●XMP
1回の発行につき0.5必要です。カード発行専用通貨だと思ってください。
入手方法はコチラを参考に入手してください。
●少量のMONA
発行手続きにおける送金手数料だと思ってください。
管理人の場合は100枚で0.3MONAでした。
また、誰かにあげるときも送付手数料が発生します。
カードの素材画像
png形式
サイズ タテ800×ヨコ560pxもしくはタテ1200×ヨコ840px
(monappyかimgurにアップロード)
●もにゃ
https://monya-wallet.github.io/

ざっくり手順概要
XMPを使ってもにゃでトークン発行

トークンに唯一無の名称を付ける

モナパーティってところでアドレスを認証させる

トークンを登録

カード発行 こんな感じです。

作り方(長いので落ち着いて進めましょう)
1.もにゃを開き、左のメニューから「カードで遊ぶ」を選びます
(右にある「カードで遊ぶ」でもOKです)

2.以下の画面が表示されます
この時、所持XMPの残数が表示されます

3.左下のをプリっと押します

4.「トークンを作る」画面に移行しますので、画像を例にならって入力し、最後に「トークンを作成」を押します

※トークンはモナカード全体を通じて重複はできませんので唯一無二の名前になります
※トークンの名称入力はすべてアルファベット大文字です
※発行枚数=配布できるカードの数です
※手数料をケチるとうまく発行できない場合があります

5.トークンの発行が完了します

6.次にモナカードにアクセスします
https://card.mona.jp/login

7.中央の「Twitterでログイン」を選択します

8.左のメニューで「アカウント」を押します

9.Monapartyにアドレスを認証と登録するため、3.でトークンを発行したもにゃのアドレスを入力します

10.署名をするため、もにゃを起動し左メニューの「設定」を押します

11.設定画面の一番上「署名と検証」を押します

12.画像を例にならって入力し、最後に左下の「署名」を押します

※メッセージには”card.mona.jp”と必ず入力します

13.「署名された文」欄に署名テキストが表示されますので全文コピーします

14.手順9.の「署名」欄に手順13.でコピーしたテキストを貼付け、「登録」を押し、モナパーティにアドレスを認証させます

15.MONACARDのメニューから「カード登録」を選択し、手順3.で発行したトークン名称を入力します

16.カード登録画面が出るので「追加で登録する情報」を入力します

※画像はpng形式、タテ800×ヨコ560px or タテ1200×ヨコ840pxのサイズを守りましょう

17.「規約」を読んで同意できたら「規約に同意して登録」を押します

18.「アカウント」の下部に先ほど登録したカードが表示されます

19.もにゃで「カードで遊ぶ」を選ぶと先ほど登録したカードが表示されます

※各カードを選択すると拡大、詳細が表示されます
※貰ったり買ったカードもこの画面に並びます

以上でカードの発行は終了です。ちょっと長かったですね。
でも一回やっちゃえばすぐ慣れますよ!

送り方と貰い方は別の記事で触れますが、こっちはメチャ簡単です。
オチを言っちゃうと送りたいカードを選んで相手のアドレスを貼り付け、送るだけ!
貰いたいときはもにゃのアドレスを教えるだけ!

あ、「管理人の名刺ほしい」って奇特な方からの申告お待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする