モナコインちゃんbot、サービス停止・譲渡を予定を告知

スポンサーリンク

先日12日、Twitterで気軽に投げMONAが出来るサービス「モナコインちゃんbot」がサービスを停止あるいは譲渡する予定であることが告知されました。

概要
  • 管理者の方の運用・管理が追いつかないこと
  • ウォレットに対しての法的規制が予想される(tipサービスがウォレットとみなされ規制される)
  • 有償で譲渡先も探している。「無償での譲渡後すぐにサービスを終了された場合、すべてのユーザーにとって損失となる」などのことを考慮したため。
  • サービスを終了する場合、正式アナウンスから最低でも6カ月の猶予を以て終了する

モナコインちゃんbotが停止した場合
  • Twitter上で気軽にtip(投げ銭)ができなくなる
  • オダイロイドで使用不可能になる
  • 事業者の決済手段の1つを失う

などが考えられます。

もっとも、現在はももな@MonaTipBotがあり代替措置があるため、上記懸念は現状問題ありません。ただしtipmonaと同様の理由で今後サービス終了の可能性もなくはないです。

おさらいですが、

モナコインちゃんbot(@tipmona ‏)とももなちゃん(@monatipbot)は別サービスであり、それぞれでMONAを管理しています。それぞれに入金されている場合があります。

また、tipbotアカウントだけでなく、ご自身のアカウントが何らかの事情で凍結した場合、凍結解除がされない限り永久に引き出しはできません。

さらに、tipbotの開発者の方はウォレットとしての使用を推奨していません。

従って、定期的にbalanceコマンドで残高を確認し、安全なウォレットへ移すようにしてください。

モナコインちゃんbotの譲渡先が現れ、継続されることを祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする