Twitter21人問題(突撃編)

スポンサーリンク

最近Twitter界隈で起きている「21人問題」をご存じでしょうか。
心当たり、あるいは繋がりの無さそうなアカウントから絨毯爆撃的に自分のツイートに対して「いいね」を押してきます。その通知がうざいうざい。
そしてその「いいね」を押してくるアカウントは決まってフォローしている数が21人という訳です。
主に「仮想通貨」をキーワードに巡回したbotとの話が濃厚。

何故21人なのか、なのですがこれはTwitter側の仕様で「1日の自身のフォローできる限度数が20件くらいまで」という目安がある為です。
(言い方を変えると翌日もフォローしていけば毎日20件程度ずつなら増やせます)

<防止策>
自分の設定とプライバシー→通知「メールアドレスが未認証のアカウント」+「電話番号が未認証のアカウント」のチェックを外している状態

さて。
ではこのbotの目的は何なのか?
ダイレクトメッセージで怪しい情報商材に誘導してくるなどの噂があります。
なので、いいねを押されたのを確認次第、

こっちからフォローしまくったらどうなるのか?
毎日21件ずつフォローしたらどうなるのか?
それを1週間ほどかけて検証してみたいと思います。

この準備は以下の通りです。
1.自分の設定とプライバシー→通知「メールアドレスが未認証のアカウント」+「電話番号が未認証のアカウント」のチェックを入れます。
2.次にプライバシーとセキュリティを選び下へスクロール。「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」にチェックを入れます。

これで準備OK。
誰からでもDMが届くようになりました。

あとは目論み通りDMが届いたら適当にあしらってみます。
経過については大きな進捗あれば更新しますが、1週間後に総括を書く予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする